LOG IN

Apple Musicとスマートプレイリスト

by shimastripe

SpotifyからApple Musicに乗り換えたので経緯を書きます。

自分が満足したところを書くだけなので一般的な説明とかけ離れているかも。

tl; dr

iCloud Music Libraryでシームレスに連携

従量課金制音楽サービスに入る時に気にする点として既存のCDからリッピングした曲との兼ね合い。Apple MusicはAACにエンコードしてiCloud Music Libraryに(ほぼほぼ)無制限に上げておける。元のファイルだけHDDにでも残しておけばとりあえずiCloudを通してiPhoneもiPadもネット越しにストリーミング再生してオフライン保存もできる。これだけでいちいちiPhoneをMacにつないで転送したり出先のPCに音楽ファイルをまるごとコピって持っていくような面倒な作業が一切いらなくなって最高だった。しかも再生数などの情報がクラウドに同期されるのでこれまでのMacはMac、iPhoneはiPhoneで記録されてた再生ログが統一化された。iTunes Matchの機能なのでもっと早く知っておけばよかった。。。

加えて、Apple Musicでに上がってる曲と照合してマッピングしてくれるので歌詞とか見れるようになる。特にローカル曲とAppleMusicの同名曲で再生数が分離みたいなことが避けれるのが嬉しい。

(まあこれに関してはうまくマッチしてないやつとか出てきて、えこれ直せないのーーってイライラする事象もある。なんとかしてほしい。)

1点辛いこととしてはアートワークがAppleが登録してるやつに変えられちゃったりすることは悲しい。でも今までアルバムでTsutayaでコツコツ借りてたやつもApple MusicだとシングルでDLしてもお金一緒だからカラフルなアートワークにできるのが嬉しい。

個人的には昔みたいに選んだアルバムの色に合わせて背景色がつくやつ復活してほしい

Spotifyが辛かったこと

Spotifyが配信している曲とローカルで持っている楽曲をどう混ぜるんだろうと思ったらあくまでPC, iPhoneそれぞれのローカルから曲を取り込んでライブラリに並べるだけという仕様だった。特に普段から聴く曲だけを仕方なくインポートして適当なプレイリストに放り込んで混ぜるって感じだったので使いづらいし、曲一覧では表示されるのにアルバム一覧では表示されなかったり挙動が結構意味不明だった。結局Spotify使っているときは既存のローカル曲聴かなくなってしまって悲しかった。

ローカルアルバム表示されないし曲の個別ダウンロードできないプレイリスト管理してない人には苦痛

Apple Musicが柔軟に導入できる

ローカル曲をiCloudにあげた上で、Apple Musicから曲を登録するとそのままマージした感じで使えるのが最高にいい。既存のライブラリの延長でそのまま従量課金コンテンツを利用できる感じ。求めていた買い切りと従量課金のシームレスな移行がここに。

辛い点

再生数の同期のタイミングがいまいちわからない。初め同期されてないかと思ってしばらく挙動チェックしたりする羽目に。ちゃんと同期されていることはわかったんだけど1日に1回くらいは確定で同期してほしいですね。

まあ、このシームレスに使える感じはAppleユーザーしか無理ですよね。Apple Music使ってない頃ミュージックアプリのレイアウト改悪にめちゃくちゃキレてたんだけど、Apple Music入れたらそれも含めたUIにしていたんだなあとなった。(使いやすい)

Uploadがうまくいかないやつは辛い。本当になんとかしてほしい。`error occured`じゃないんじゃ。もうちょっと詳細に書いて。結局調べたらmp4で持ってる楽曲があって変換できないって話だった。

英語の苦手意識を減らしていくためにMacのシステム言語をEnglishにしたんですが、既存の曲は`宇多田ヒカル`で登録されているのにApple Musicから取ってきた曲は`utadahikaru`さんの曲をDLしてきて歌手が分裂する。面白いことに本体言語日本語の方のiPhone上では分裂しないで1つに収まっている。設定ページでデフォルト言語を指定させてほしい。

最悪上書きしてもいいんだけど、まあ面倒くさいよね。

スマートプレイリストで音楽を思い出したい

あまり知られてない機能だと思うんですが、iTunesにはスマートプレイリストっていう条件にマッチした楽曲を自動で収集してダイナミックにまとめるプレイリストがあり、しかもLiveUpdateまでしてくれる。毎日変更が効くリッチなプレイリストって思ってもらえばいいです。

例えばこのプレイリストだと`再生数が高い順に100個取ってきた`プレイリストを常にまとめてくれる。以前はMacで作ったあとにiPhoneに転送するとスマートプレイリストではなくなって普通のプレイリストになってしまうためiPhoneの再生数が考慮されてないプレイリストにしかならなくてこう痒いところに手が届かない機能になってしまってた。

iCloud Music Libraryになることで再生数を正確に同期したスマートプレイリストを登録するとクラウド上で常にUpdateしてくれるからiPhoneでもスマートプレイリストが使えるようになった!!

加えて再生数をデバイスごとでしか持たなかったから悪い感じに情報が偏って使えない感じになってたのですがこれが解消できたので大いに活用していきましょう。本当に欲しい機能でした。

具体的にどういうことができるかというと、Past25,Recent65,Random20というプレイリストを作成して

取るSmart Playlistにする。あとは最後のSmartPlaylistで3つをCombineしてあげると最近ハマっている曲を中心に一昔前にハマって最近聴いてない曲を少しサジェストしてくれるプレイリストを作ることができる。

最後の結合するプレイリストはSmart Playlistのand/or条件がもっと複雑なのが可能になれば必要なくなるんですが。。。

(2018.12.02 追記)

他にも最後にスキップした日なども条件に取ることができる。僕は3日以内にスキップした曲はプレイリストに突っ込まないようにすることで聴きすぎて飽きた曲は一時的にスヌーズして入れないようにする感じにしてる。これが絶妙にいい感じに働いているからスマートプレイリストがやめられない。

問題発生

しかし大きな問題が発生。最後のPlaylistの中身を取得してまとめるSmart PlaylistはMusic以外の要素を含んでいるためiCloud Music Libraryには上げれないことが判明。(いやPlaylistもiCloud Libraryに上げれているんだから上げさせてくれ〜〜〜)

結局シンプルなスマートプレイリストはどのデバイスでも利用することが可能だが、最後のいい感じの条件を作ったスマートプレイリストはMacでしか実現しないという事態に。

いや俺は諦めないぞ!! 困ったらショートカットだ!!

ということで、ショートカットを使って擬似的に実現させました。

https://www.icloud.com/shortcuts/95b665d2c5cb4cc9b144808d751649a2

iPhone上で押すと、3つのプレイリストの楽曲を取ってきてどんとミュージックアプリのキューにランダムシャッフルして突っ込むというショートカットです。

元々Apple Musicに入ってない頃スマートプレイリストを擬似的に実現させようとして頑張って一定日時の前後の再生数多い曲を引っ張ってきてプレイリストを動的に生成するものを作ってました。これもレシピ載せておくので、ぜひ活用してください。

Kaiser Medleyでプレイリストメドレー再生

文脈を無視してますがミュージック生活に最高のアプリがあるので紹介します。

Kaiser Medleyってアプリがあるんですが、曲と曲の間を指定した時間内(30秒, 60秒とか)で終わらせるようにしつつうまいことメドレーとして前後の楽曲をなめらかにつなげることができるプレイヤーです。

無料版はシャッフル再生しかできないんだけど、通常再生はミュージックアプリでやればいいから十分有用なすごいアプリです。とりあえず1回使ってみてほしい。

iTunes Matchは音声解析して同じ曲か判定しているみたいなので、どうせならメドレー再生を実現する機能もやれるはずだからつけてほしいなあ。

まとめ

Apple Musicサイコー!! (雑)

プレイリストをまとめるのひたすらめんどいタイプの人間なので、適当にザッピングして以降放置してしまう曲をいい感じに拾ってきてサジェストしてくれるシステムを用意した。

最後泥くさくなって残念ですが実際これすっごく便利なのでみなさんぜひやってみてください。

複雑条件Smart Playlist機能を早く行えるようにして欲しい。

AirPods2出て欲しい。完全ワイヤレスのやつ1個買ってみたい気持ちになっているので。

あと無線充電器をイベントでちょこちょこいただいたから充電できるデバイスが欲しいので2を希望してる。

OTHER SNAPS