LOG IN

Otemachi.swift #2で登壇しました

by shimastripe

インターンでやっていた内容を対外発表しました。よかったですね。

雑感

相変わらずスライドに量盛りすぎて本番焦ってめっちゃ早口になってしまうトークの癖がついていて反省。

About meあたり出だしをゆっくり喋る形をルーティンとするように癖つけたらいいかもしれない。

笑ってほしくて書いたところは無事笑っていただけていてよかったなって感じです。

登壇する意義

勉強会は聞く方ではなく登壇するほうが価値が何杯もあると個人的には思っています。

具体的に言うと聴衆に伝えるために、流動的に作業したタスクをスライドに落とし込んで引き締め直す。これは事前に想定(準備)した頭作業中の頭実際に手を動かした作業の乖離を確認することができるからです。どうしてもこういうことを振り返る機会を用意することは難しくて、イベントを通じて半強制的に確認できることがすごく自分にはいいと思っています。発表はどうしても恥ずかしくて緊張してしまいますが、機会があれば次も積極的に参加したいと思います。(みなさんもぜひ!!)

ちなみに今回の発表は、

「Embedded Frameworkに対して、何を重視して導入したのか。結果必要だった価値は得られたのか?」

を主軸に発表することがメインになりました。

発表内容自体は下をご確認ください。

初めの方で喋ると後ろの方の発表をクリアな気持ちで聞けるのが最高ですね。

他の方の発表も聞いていてとても面白かったです。

ユースケースをたくさんあげてもらえると、よりリアルな理解につながるなあってなんとなく感じました。

OTHER SNAPS